食事 会話 苦手

雑記

食事中の会話が苦手!なぜ食事中は会話が苦手になる?対策はどうすべき?

食事中の会話が苦手だと、毎回誰かと食事をする際に、ものすごく苦労してしまい、気疲れもするもの…。

そもそもなぜ、食事中の会話が苦手になってしまうもの?

私自身も食事中の会話が苦手なたちなので、やっぱり自分自身でも理由を知っておくと解決に導けるでしょう。

今回は食事中の会話が苦手になってしまう主な理由と、食事中の会話を弾ませるためには、どんな対処法をすべきかご紹介!

ぜひ食事中の会話が苦手なのでしたら、参考にしていきましょう。

 

食事中の会話が苦手になってしまうのは一体なぜ?苦手になるワケを解説!

食事中の会話が苦手になってしまうのには、以下のような理由が考えられます。

もちろん苦手な理由はさまざまですし、個人差はありますが、まずは自分がどのように感じているのか理由から確認してみましょう。

 

食事 会話 苦手

もともと人見知りの性格をしている

以前から人見知りな性格をしている場合は、やっぱり食事中になるとなかなか会話が弾みません…。

私もかなりの人見知りなので、他人と食事をする時って、すごく神経を使ってしまうんですよね。

食事中はどうしても相手と向き合った状態にならないといけないため、人見知りだと余計に何か話さないと、と焦ってしまうもの。

それで空回りして会話に失敗し、更に食事中の会話が苦手になるという負のループになるんです。

食事中の会話が苦手、というのは、本来のあなたの性格がやっぱり影響していることが多いですね。

相手に気を遣い過ぎている

食事中の会話が苦手という場合、相手に対して、とても気を遣い過ぎていることも理由として考えられます。

例えば、『今この話題を相手に話しても大丈夫かな?』とか、『今相手は食べている最中だから、話しかけて良いかな?』など。

気遣いをし過ぎてしまっていると、自然に会話は弾まなくなり、気まずい空気になったり、自己嫌悪になってしまうこともあるでしょう。

他人にあまり興味がない

他人に対してあまり興味がない性格でも、食事中の会話がすごく苦手に感じるのですよ。

誰かと食事するときって、どうしても会話をするのが自然な流れになりやすいもの。

でも、他人に興味を持てない性格だと、相手が何を話していても、苦痛に感じるでしょう。

 

苦手なタイプの相手と食事をしている

職場の同僚や上司などと食事をすることは、社会人ならよくあり得ることですね。

でもその相手が自分の苦手なタイプだったりすると、食事中の会話が本当に嫌になってしまいます。

食事中の会話が苦手、という理由は、あなた自身の性格ではなく、相手にある場合も考えられますよ。

 

 

以上が食事中の会話が苦手になってしまう主な理由です。

私もいくつか当てはまる理由がありました。

でも食事中の会話が苦手だと、やっぱりこの先、誰かと食事するのが辛く大変になりますよね…。

ということで続いては、苦手な食事中の会話を弾ませる、とっておきの対処法や、食事中の会話の注意点を解説します。

食事中の会話が苦手な場合に実践したい対処法と会話の注意点!

食事中の会話が苦手なのでしたら、以下の対処法を実践し、また注意点を押さえておきましょう。

 

事前に話す内容を考えておく

人見知りだったり、もしくは他人に興味が持てない場合は、事前に食事中に話す内容を考えておくのがすごくおすすめ。

例えば天気のことや最近話題になっていること、ニュースなどテレビの話題などを話しても良いでしょう。

また、相手がスポーツ好きでその話題が出たのでしたら、それにのっかるかたちで、会話を弾ませていくと良いですね。

もしあなた自身、スポーツに特に興味がなくても、相手にそのスポーツのことを質問していけばOK!

問題なく会話はどんどん弾んでいきますよ。

相手の様子をさり気なくうかがい話しかける

相手に気遣いをしすぎていて、会話が弾まないのでしたら、さり気なく相手の行動をチェック!

食べ物を口に運んだ瞬間は話しかけないようにして、食べ物を飲み込んだタイミングで話しかけましょう。

そうすればちゃんと会話ができるようになりますよ。

また、なるべく会話のテンポをゆっくりにすることで、相手もそれに合わせて、ゆっくりと話してくれるようになります。

 

食べ物はなるべく少しずつ口に入れる

食べ物は出来るだけ少しずつ口に入れておくと良いですよ。

すると相手から急に話題を振られた時も、すぐに返答をすることが出来て、会話に失敗しません。

また、急がずにゆっくりペースで食べることで、心も落ち着くので、より食事中の会話の苦手意識もなくなるでしょう。

 

苦手な人との食事は聞き役に徹して早めに切り上げるようにする

苦手な同僚や上司との食事をすることになった場合は、なるたけ聞き役になり相手にだけ会話をさせましょう。

そして、食事を早めに食べ終えて、『ちょっと連絡しなきゃいけない用事があるので』と伝えて、苦手な人との食事を早々に終わらせるのがおすすめ。

私も以前の職場で、苦手な人と食事する際は、連絡したいことを理由にして、食事の時間を早めに終わらせました。

これ以上誰かとの食事やその最中の会話が苦手にならないように、ぜひ試していくと良いですよ!

食事中はネガティブな内容の話題は振らない

食事中の会話を成功させるためには、極力はネガティブな内容の話題を言わないようにするのが注意点。

例えば今食べているものが美味しくないとか、誰かの悪口とか、自分の悪いところなどを言うことですね。

これらを話題にしてしまうと、会話は高確率で失敗してしまい、余計に会話が苦手になるのでくれぐれもご注意を!

以上が苦手な食事中の会話を弾ませる方法や注意点です。

私もとても参考になったので、今後他人と食事する際は、事前に話す内容を決めていくようにしますね!

まとめ

食事中の会話が苦手なのは、主に人見知りだったり、相手に気遣いをしていたり、相手に興味がないか苦手な人だった場合。

でも、事前に会話の内容を決めておいたり、ゆっくりペースで食べたり話しかけたりすればOK!

また、苦手な人との食事は用事があることを理由に、早めに済ませてしまうと良いですよ。

するとだんだんと食事中の会話の苦手意識もなくなるので、今後は誰かと食事することになっても心配なしです!

-雑記

error: Content is protected !!

© 2021 せんろぐ情報