枕 黄ばみ オキシクリーン

雑記

枕カバーの黄ばみ汚れはオキシクリーンで落とせる?効果的な黄ばみの落とし方!

枕カバーって厄介な黄ばみがこびりついてしまうことがあり、本当に困ってしまいますよね!

どうにかして枕カバーの黄ばみをキレイにサッパリ落としていきたいもの。

でも実は、枕カバーの黄ばみ汚れはオキシクリーンを使うと、効果的かつお手軽に除去することが出来るとのこと!

これがもし本当なら、ぜひとも活用していきたいですね。

今回はそんな、枕カバーの黄ばみを除去する、とっておきの方法を解説します。

諦めていた枕カバーの黄ばみも、ようやくスッキリ落とせますよ!

枕カバーの黄ばみはオキシクリーンで浸けおき洗いしよう!具体的な手順を解説

枕カバーにこびりついてしまった黄ばみは、以下のオキシクリーンを活用した方法でキレイにしましょう。

 

オキシクリーン液を用意する

まずはオキシクリーン液を作っていきましょう。

たらいや洗面器、バケツ、洗い桶などに40℃のお湯を注ぎ、そこにオキシクリーンを入れてよく溶かします。

オキシクリーンを入れる際はパッケージに表示されている、お湯の量に合わせた指定量を入れて十分に溶かしてくださいね。

するとオキシクリーン液が完成しますよ。

 

 

オキシクリーン液に枕カバーを入れて1時間以上浸けおきする

オキシクリーン液が完成したら、そこに黄ばみ汚れのこびりついた枕カバーを浸けおき洗いします。

黄ばみ汚れの度合いにもよりますが、最低でも1時間は浸けおき洗いをしておきましょうね。

黄ばみ汚れが結構ひどい場合は、6時間は浸けおきしておいた方が良いです。

そのため、黄ばみ汚れが重度の場合は丸一晩、枕カバーをオキシクリーン液に浸けおきしておくことをおすすめします。

枕 黄ばみ オキシクリーン

 

浸けおき洗い後は洗濯機で普通に洗濯する

枕カバーを浸けおきし、黄ばみが落ちたのでしたら、そのまま枕カバーを洗濯機に入れていつも通り洗濯してください。

他の洗濯物と一緒に洗ってしまっても問題ないですが、心配な時は枕カバーを単体で洗濯すると良いでしょう。

 

天日干しにしてしっかり乾かす

洗濯後の枕カバーは、普通の洗濯物と同じように、天日干しにして乾かしてしまって大丈夫です。

十分に乾いたら枕にカバーをかけて完了。

 

 

以上がオキシクリーンを使った、枕カバーの黄ばみ落としの方法なんですが、割と簡単ですね!

でもオキシクリーンを使うことで、枕カバーの頑固な黄ばみ汚れでも、効果的に除去できますよ。

オキシクリーンってかなり洗濯に活用できるものなんですね!我が家でも洗濯にはオキシクリーンを使いたくなりました。

 

 

 

私は普段、枕カバーに黄ばみ汚れができないように、タオルを巻いて寝ているのですが、オキシクリーンがあれば、タオルなしでも眠れるようになりますね。

ちなみに、枕カバーだけではなく、枕自体に黄ばみができている場合も、同じようにオキシクリーンで浸けおき洗いをすれば汚れが落ちます。

もちろん黄ばみだけでなくニオイも消せるので、やっぱりオキシクリーンは役立つものなんですね!

枕カバーに黄ばみ汚れができててしまう理由

枕カバーや枕そのものに黄ばみ汚れができてしまうのは、以下のような理由があります。

 

寝汗
人は寝ている間に少なくともコップ1杯分の寝汗をかく、
といわれているので、枕はその寝汗を吸い込んでしまうんです…。

すると、汗の成分が枕カバーに蓄積され、黄ばみ汚れになっていくんですよ。

 

皮脂
実は寝ている間にも、顔や頭皮から皮脂が出ているもの。

特に体の代謝が良い人ほど、皮脂が顔などから出てしまうので、寝汗と同じように枕カバーに蓄積され黄ばみになってしまいます。

 

よだれ

寝ている時、口呼吸をしてしまったり、口が開いてしまう人は、
よだれで枕カバーを汚してしまうことも!

実は私も寝ている間に自然と口が開きやすいので、よだれで枕カバーを汚してしまったことがあります…。

よだれも口内の雑菌などを含んでいるため、枕カバーの悪臭や黄ばみに繋がっていくんですよ。

口呼吸したり口が開いてしまうなら、枕カバーはこまめに洗うのが良いでしょう。

 

濡れたままの髪

髪が十分に乾かされておらず、濡れたままの状態だと、枕や枕カバーは湿気を吸収してしまい、雑菌が繁殖します。

また枕カバーが黄ばむようにもなってしまうもの。

髪を乾かさないで寝るって、髪や頭皮に悪影響を及ぼすこともあるので、気を付けるべきなんですね。

私も髪が長くて乾かすのが大変なので、枕カバーを黄ばませないためにも、きちんと乾かすようにします。

 

以上が枕カバーに黄ばみ汚れができてしまう主な理由。

 

枕カバーの黄ばみを予防するには?

では枕カバーを黄ばませないためには、どんな予防策をすれば良いのかをご説明しますね。

 

枕カバーをこまめに洗う

枕カバーは極力、こまめに洗濯していくようにしましょう。

代謝が良く寝汗をかきやすかったり、脂性肌の体質だったり、寝ている間に口が開いてしまう場合は、2~3日おきに洗濯するのがおすすめ。

そうすれば枕カバーは黄ばみにくくなりますよ。

 

 

 

枕カバーの上からタオルを巻く

これは私も実際にしている方法なんですが、枕カバーの上からタオルを巻き、寝汗などをタオルに吸収させること。

そしてタオルは毎日交換して洗濯すれば、とっても衛生的で快適に眠ることが出来ますよ。

以上の2つが枕カバーに黄ばみを発生させない予防策なので、黄ばみ汚れをこれからは防いでいきたいなら、実践していきましょう!

まとめ

枕や枕カバーの黄ばみ汚れは、オキシクリーン液に1時間以上は浸けおきすればOK!

オキシクリーンなら簡単かつ効果的に、黄ばみ汚れを除去できるんですよ。

枕カバーの黄ばみって、寝汗や皮脂などの蓄積によるものなので、枕カバーをこまめに洗濯したり、タオルを巻いて寝れば予防が出来ます!

黄ばみを予防するのも大切なので、清潔感のある枕と枕カバーをキープすれば、より快適に眠れますよ!

関連記事はこちらもご覧ください。

枕を洗濯したい!コインランドリーで枕は洗える?それとも手洗いすべき?

 

-雑記

error: Content is protected !!

© 2021 せんろぐ情報