台風 備え アパート

雑記

台風に備えてアパート暮らしの場合はどんな台風対策ができる?

毎年、梅雨や猛暑が終わった季節の変わり目にやってくるのが台風。

日本では9月~10月頃がピークですよね。

 

台風シーズンがやってきたらいろいろと対策をしておきたいですし、日頃できることからやっていけると安心です。

 

住んでいる住居形態によって、できる対策は様々だと思うのですが…

アパートなど、持ち家じゃない場合はできることもほとんどないのでは?と思われる方もいると思いますので、アパートでの台風対策をご紹介していきます!

 

台風に備えてアパート暮らしでできる台風対策が知りたい!

持ち家ではない場合、できることはもちろん限られるのですが、全くないわけではありません!

どんな台風がやってきて、どんな被害を受けるかは分からないため…とにかくできることは全てやっておくと安心です。

 

私自身も現在アパートに住んでおり、毎年台風シーズンになったら行う対策としては、必ず外に出ているものを部屋の中に入れるということです。

本当に基礎的なことですが、アパートなどの集合住宅では他の方にも迷惑をかけないという点では、これが一番大切だと思います。

 

いつもチェックしているのは玄関前とベランダです。

玄関前には宅配ボックスや傘・傘立てなどが出ていますし、ベランダには物干し竿や外用のサンダルが。

 

日々天気予報はチェックしているため、台風が近づいてきたことが分かれば、これらの物は全て家の中に閉まっています。

急に片づけたいとなっても、収納場所がない!という場合は、日頃から家の中の収納場所などもチェックしておくと良いですね。

 

また、窓に関しては、雨戸がついている場合は台風が近づいてきたら閉めるようにしておいた方が良いようです。

 

我が家では、雨戸はついていないため、あまりにも降水量が多そうな場合は、窓自体に跡が残らないような耐水性のテープなどで補強もします。

 

 

 

窓の隙間などに貼っておくと、水が浸入するのを防いでくれるので安心です。

玄関が1階の場合も、隙間から水が入らないような補強をしておくと良いと思います。

 

日用雑貨を取り扱っているようなホームセンターなどには、ブルーシートや土嚢なども販売されているので、玄関から水が浸入しそうで恐いという場合は、このようなものも使ってみくださいね。

 

また、あまりにも被害が大きそうな場合は、窓自体にも内側から×のような形でテープをクロスさせて貼っておくのも、暴風雨などで割れにくくなるため良いそうです!

 

これはまだ実践したことはないのですが、酷そうなときはやってみようと思っています。

 

私自身、住んでいる地方では今まで、あまり大きな台風被害はありませんでした。

もちろん暴風雨や川の水位が氾濫寸前まで上がる、電車が止まる…などの被害はありましたが、ニュースで見ているような家が流される・屋根が飛ぶ…という大きな被害は経験がありません。

 

しかし、今は欲しい情報がSNSなどで簡単に手に入る時代なので、今までもたくさんの他県の情報などを見てきて、台風被害は侮れないなと強く思っています。

 

台風の進路なども急に変わったりすることもありますし、念には念を入れて、できることややっておきたいですね。

 

台風に備えてアパート暮らしは何を準備するべき?

仕事などで外出をしないといけない場合は別ですが、基本的には台風が近づいてきて暴風雨が酷くなりそうと分かった時点で、外出はしないことをおすすめします。

私自身も、仕事をしていたときは暴風雨で電車が止まってしまって、帰れなくなる…ということを何回も経験しました。

 

このようなときはタクシーもなかなかつかまらないですし、自家用車など車の運転なども危険です。

帰れなくなって迎えにきてもらうとなっても、その家族も危険な目にあうかもしれないので、なるべく避けたいところですよね。

 

なので、できるかぎりアパートの中にこもれるように、保存のきく水や缶詰、火を使わないで調理できてすぐ食べられるものなど最低限の食料品やトイレットペーパーなどの日用品は備蓄しておきたいところです。

台風 備え アパート

 

やむを得ず外出をしなければならないときには、傘をさすのは危険なので、レインコートを着たり長靴を履いて、なるべく川や海など水が多い場所には近づかないようにしてください。

そのため、事前にレインコートや長靴などの雨具も準備しておきましょう。

 

 

 

 

大雨のときはマンホールなども危険なようで、そこから水があふれだしたり、マンホールが外れていることに気が付かず落下してしまう危険性もあるようなので注意が必要ですね。

 

あまりにも被害が大きい地域では、避難勧告などがでる可能性もあると思いますし…

もしそうなった場合はアパート近くではどこに避難するのかなども、日頃から確認しておく必要があると思います。

 

まとめ

台風は、被害が少ない地域ではあまり現実的ではないこともあるのかもしれませんが、明日は我が身だと思います。

 

自分だけは大丈夫と思わずに、家族を守るためにも日頃から対策を考えておいたり、いざとなったときの避難経路や手配物なども確認しておいたほうが安心ですね。

 

アパート住まいの方でも、台風シーズンにはできる対策を行ってみてください!

-雑記

error: Content is protected !!

© 2021 せんろぐ情報