シンク 傷 仕方ない

雑記

シンクの傷は仕方ない?ついてしまった傷を消す方法や防止するにはどうする?

シンクって傷つくのは仕方ないこと?

でも出来れば傷をなくして、キレイな状態のシンクにしたいですね。

傷ついてしまったシンクは、傷を消す方法はあるのでしょうか?

またそもそもシンクが傷つく原因って何?

そこで今回は、シンクが傷つくのは仕方ないのか、それとも傷を消す方法があるのかを解説!

 

シンクの傷って実は意外な方法で消すことが出来るので、傷に諦めていた場合でも、きちんとキレイにすることが出来ますよ!

ぜひご家庭の傷ついたシンクにお試しくださいね!

 

シンクの傷を消す方法や防止するにはどうしたらいい?

シンクの傷を消す方法は、クレンザーなどの研磨剤を使ってこするか、重曹を使ってこするのが効果的です。

ではまず、シンクの傷を消す方法をそれぞれ、詳しく紹介しますね。

 

クレンザーを使って傷を消す方法

クレンザーには研磨効果があるため、シンクに垂らしてから、よーくこすることで、シンクの傷周辺を削り、傷を消すことが出来ます。

ただしクレンザーを使う場合は、シンクの傷の度合いに応じて、クレンザーの種類を選んでいくと良いですね。

 

例えば、シンクの傷が深いのでしたら、ペースト状や、もしくは粉末状のクレンザーを使うと効果的。

一方、細かいシンクの傷は、クリーム状のクレンザーを使うようにしましょう。

 

 

 

我が家にもシンクの傷対策のために、クリーム状のクレンザーを常備しているんですよ!

シンクの傷度合いによってクレンザーを選んだら、シンクの傷部分にクレンザーを垂らしたり振りかけたりしましょう。

なるべくケチらずに、クレンザーはたっぷり使うと良いですよ。

そして、ナイロンタワシやスポンジタワシなどで円を描くように、シンクの傷部分をこすっていきましょう。

 

すると傷がだんだん目立たなくなり、消すことが出来ますよ!傷が消えたら、水でしっかりすすぎ洗いをすれば完了です。

 

重曹でシンクの傷を消す方法

クレンザーではなく、重曹でシンクの傷を消す方法もあります。

方法はクレンザーの時同様、傷部分にたっぷりと、重曹を振りかけていきましょう。

 

そしてナイロンタワシかスポンジタワシで、力を入れずに優しく、円を描くようにこすっていってください。

そうすれば重曹でもシンクの傷を消すことが出来ますよ!

 

 

 

 

以上がシンクの傷を消す方法。

案外、シンクの傷を消すのって、比較的簡単な方法なんですね!

私はもっとシンクの傷を消す方法って、大変なのかな、と思っていました。でもこれならすぐにでも実践できます。

 

シンクの傷が仕方がない、と諦めていたあなたも、ピカピカのキレイなシンクに戻すことが出来ますよ!

 

ちなみに、シンクの傷を防止するには、なるべく普段はシンクの掃除に硬いタワシなどを使わないこと。

 

また、洗い桶も金属製のものより、プラスチック製のものにした方が良いですよ。

 

そして普段シンクを掃除する時は、柔らかいスポンジや中性洗剤を使い、油汚れなどの油分はなるべく早めに洗い流しておきましょう。

そうすれば、シンクの傷やサビなどを防止することが出来て、心配は全くいりませんよ。

 

やっぱりシンクって、日頃のお手入れも大事なんですね!

私もシンクは極力、毎日お手入れすることを心掛けているので、今のところ、目立った傷などはありません。

 

シンクのキレイをキープするためにも、傷はしっかり防止しましょうね。

 

 

シンクの傷の原因ってそもそも何?

シンクの傷の原因って実は、食器や調理器具と接触することや、野菜を洗った時に出た細かい砂などによるものなんです!

確かにシンクに直接、食器や調理器具を置いたりすると、こすれて傷が出来てしまう可能性がありますね…。

また、野菜の泥や砂を洗い流した際に、シンクに砂が残っていると、それがこすれて傷になるでしょう。

そして、シンクに食器や調理器具を落下させた場合などでも、シンクが傷つく原因になるんですよ。

 

しかも、シンクに置いている洗い桶がステンレス製のものだと、洗い桶を動かすたびにこすれて、傷が出来てしまうことも!

それだけではなく、シンクに油汚れや水垢を付着させたままにしておくと、シンクのコーティングが剥がれてしまい、傷付きやすくなるんです。

これらがシンクに傷がついてしまう主な原因といえるもの。

 

やっぱりシンクは傷つきやすいものだと思っておいて、極力は大切に、傷がつかないように扱うべきなんですね!

 

私もシンクにステンレス製の洗い桶を置いているので、傷をつけないように今後は注意していきます。

シンクが傷つくと、傷を消す必要がでてきてしまうし何かと面倒ですもんね。

 

 

あまり深い傷をシンクにつけてしまった場合は、自分で消すことが出来ないので、専門の修理業者にお願いする、しか方法がなくなってしまうんですよ!

そうならないためにも、シンクが傷つく原因をしっかり覚えておき、シンクはキレイな状態をキープして使っていきましょう。

シンクに傷がないと、やっぱりとても気持ちが良いものですからね。

 

定期的なお手入れと、傷をつけないような心掛けをして、あなたもぜひシンクをピカピカな状態にしていってください!

シンクの傷は仕方ないと諦めるのはまだ早いですよ!

 

まとめ

シンクに傷ができてしまったら、クレンザーか重曹と、ナイロンタワシやスポンジタワシでこすり洗いをしましょう。

するとシンクの傷も案外簡単に消すことが出来ますよ。

でもシンクの傷をつけないためにも、シンクはなるたけ、食器や砂などで傷つけたりしないようにすること。

またコーティングが剥がれないように、汚れもこまめに落としておいてくださいね。

ぜひピカピカなシンクで気持ちよく料理をしましょう!

-雑記

error: Content is protected !!

© 2021 せんろぐ情報