ベビーカー 抱っこ紐 いつ買う

雑記

ベビーカーと抱っこ紐はいつ買うべき?産前産後のメリットと体験談をお伝え

赤ちゃん誕生に向けて少しずつ準備を進める中で、”何”を”いつ”買うか。

非常に悩むポイントです。

今回は赤ちゃんとのお出かけに欠かせないベビーカーと抱っこ紐いつ買うべきか?について、産前と産後に購入するときのそれぞれのメリットと、実際の体験談をご紹介します。

ベビーカーと抱っこ紐はいつ買う?産前と産後それぞれのメリット

ベストは産前か、産後か。

これについては答えは一概には言えません。

 

産前に買ったママが感じるメリットは何でしょうか。

例えば、帝王切開で出産した場合産後はなかなか思うように移動できないため、早めに買っておく。

早めに買って出産後に困らないように付ける練習をしておく。

家事をする時に非常に便利だから、産後すぐに使えるように準備しておく。

といった点が挙げられます。

 

もう一方、産後に買ったママが感じるメリットはどうでしょうか。

実際に赤ちゃんと試着してから購入できる。

実際使うのは首が座る3か月頃からだから、赤ちゃんの体に合ったものが選べる。

お祝い金でちょっと良い物が購入できる、なんて話もありました。

 

ベービーカーと抱っこ紐はいつ買う?実際に購入した体験談

赤ちゃんを迎える上で、必要(だと思うもの)リストを作成すると物凄い数になりますよね。

新生児服や赤ちゃん布団、哺乳瓶、オムツ、バウンサー、除湿器、チャイルドシート、ベビーバス、ベビーシャンプー、授乳ケープ…。

私もとにかく思いつく物をリスト化して色々買い込んでいました。

しかし、出産を追え数年通り過ぎた今、振り返って思うことは「生んでみなければ必要かどうかはわからない」ということです。

すぐにサイズアウトする新生児服は必要最低限の枚数で十分でしたし、赤ちゃん布団は結局使わずに大人と一緒の布団で寝るように。

哺乳瓶に至っては、完全母乳だったため、未開封のまま出産を控える友人に譲りました。

 

多くの産院の場合、出産してから1週間は母子は入院します。

入院中は必要なものは産院が準備しておいてくれますし、その間に買いそろえるリストを作って準備を進めれば良かったと思いました。

 

私は抱っこ紐は産前に入念に調査して選び購入しておきました。

ベビーカーも!と思ったのですが、周りから「生まれてから赤ちゃんを乗せて決めた方が良い」とのアドバイスをもらい後回しにすることに。

 

 

 

結果として、どちらも産後に買えばよかったな、と思いました。

赤ちゃんの移動において、一番最初に必要だったのはチャイルドシートでした。

徒歩では遠い場所への移動は自家用車かタクシー利用という生活スタイルだったため、どうしても出かけなければならない事態が起きた時には車移動の選択肢しかありませんでした。

基本的に産後1か月は家の中で過ごします。

2か月目に外に出る時も、まだフニャフニャの赤ちゃんを乗せるのは正直怖くて結局手で抱いていました。

そうこうしているうちにプクプク大きくなり、抱っこ紐専用の新生児用のシートは不要に。

 

ベビーカーを購入したのは生後3か月の頃です。

予防接種などでこまめに出かける機会が増え、荷物もかさばるため購入に踏み切りました。

やはり赤ちゃんが好きな乗り心地があるようで、実際に乗せて動かすと反応が違いました。

これは産後に買って大正解でした。

移動が楽になり、外に出る機会も増えて大活躍してくれました。

しかし、電車やバスに乗るときの苦労は本当に大変…。

たたんで開いての繰り返しと、周りへの気遣いでだんだんと出番が減っていきました。

 

 

 

さて、抱っこ紐の方は…というと。

手で抱っこすることに慣れると、抱っこ紐に乗せるのが億劫でなかなか出番のないまま半年経ってしまいました。

結果としてベビーカーと入れ替わるように、使い始めたのが抱っこ紐です。

だんだんと重くなってきた赤ちゃんを、負担なく抱き続けられてとても楽でした。

赤ちゃんも抱っこ紐が大好きで、お腹に乗せると落ち着くようでした。

マザーズバッグはリュックスタイルにして、前と後ろでバランスを取っていました。

結局抱っこ紐はそのまま2歳まで大活躍してくれました。

 

 

ベビーカーと抱っこ紐は生まれてからゆっくり賢く選ぶ

生活スタイルや赤ちゃん自身の好みによって、ベビーカーや抱っこ紐が必要な時期はそれぞれ違ってきますが、生まれる前に慌てて揃えなくても間に合います。

周りの友人の話を聞いても、ベビーカーを使わなかった人もいますし、赤ちゃんによっては抱っこされるのを嫌がる子だっています。

いろんな情報を集めてどんなに準備しても、人はそれぞれ違いますからセオリー通りにはいかないものです。

生まれてきた赤ちゃんとの共同作業として、好みの一品を探すのを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

まだ見ぬ我が子との未来の生活に向けて、色んなものを準備する。

この行動は母となる心の準備でもあります。

新しい生活は、ワクワクとドキドキが混ざりあう楽しさがありますよね。

赤ちゃんを思う気ちは皆一緒です。

抱っこ紐一つとっても、現在では様々なバリエーションい恵まれており、選ぶ楽しさも難しさも昔に比べて増えています。

ベビーカーも趣向を凝らした機能とデザインの流行があったりして、常に最新情報が発信されている状況です。

その中から、ピッタリの一品を選ぶ。

タイミングも含めて、産後のシミュレーションを具体的に行い、ベストな選択をしてください。

-雑記

error: Content is protected !!

© 2021 せんろぐ情報