雑学・体験

人付き合いが苦手な人の克服方法!困った人とはどう付き合う?

更新日:

人付き合いが苦手で克服したいと思っている人は多いと思います。

世の中にはいろんな人がいるので、それぞれに対応しながら人間関係を築いていくのってとても大変ですよね。

特に

気難しい人

面倒くさい人

すぐに怒る人

気が合わない人

など、人付き合いが苦手な人にとっては困った人とどう付き合っていくのかが問題になります。

今回は人付き合いが苦手な人の克服方法を、困った人とどう付き合っていくかという視点でご紹介します。

 

人付き合いが苦手な人の克服方法

実は私自身も人付き合いは苦手なんです。

どちらかというと誰か一緒に出掛けてすごすとどっと疲れてしまうタイプ。

もちろんそれはプライベートでも仕事の場面でも同じです。

さらに自分が苦手だな~と思う人と一緒にいるのってほんっっとうに疲れますよね。涙

これはどうにかしたい・・・と思って調べたのが人付き合いが苦手な人の克服方法なんです。

 

人付き合いが苦手な人の克服方法とはいくつかのステップをふんでいきます。

  1. 自分の感情をコントロールする
  2. 困った人が近くにいるときの感情を知る
  3. 困った人とどう付き合うか考える

まずは自分の感情をコントロールすることが最優先です。それからどう人付き合いの問題を解決していくのかを考えていきます。

 

自分の感情をコントロールする

困った人というのは、様々な手段を使ってまわりの人や状況をコントロールしようとします。

時に私たちの目標を妨げ、厳しい言葉で自尊心を傷つけてきたり、イライラさせたりします。

いますよね、なぜかいつもマイナス面しかみられなくて愚痴ってくる人、必要以上に怒る人・・・

もう!なんでそんな考え方になるんだ!?って思っちゃいます。

私自身人とあまり衝突するタイプではないのですが、場合によっては相手から衝突してきて問題を起こす人がいたりするんです。

 

こうした人たちと付き合っていくためには、まず自分の感情をコントロールする必要があります。

 

理由は2つ。

人は不安や怒りの感情、自尊心を傷つけられていない時の方が他人とうまく付き合っていける

感情的になっていなければより良い行動をとることができる

からです。

 

私たちを悩ませるのは、困った人ではなく、その困った人がとった行動に対する私たちの感情が原因です。

 

ええ!相手が悪いんじゃないの!?

そう思うかもしれませんし、私も同じように思いました。

ですがどうやら不快な感情というのは間違いなく自分自身で作り出しているんですね。

この話を知ったときは、へえ~~~と思うと同時に思わず頭を殴られたような感覚になりました。

相手が悪い!相手がいけない!

ではなく、すべては自分なんだなあと。

 

困った人が近くにいるときの感情を知る

近くに迷惑な人や困った人など、自分にとって悪い影響を与える人が近くにいるとき私たちは何を感じているのでしょうか。

自分自身を動揺させている感情に気づく必要があります。

この人について私はどんなことを考えているのか?

この人の行動についてどういうことを考えているのか?

この人にしてほしいことは何か?

を自問してみましょう。

 

その時、自分自身をコントロールする言葉を心の中で繰り返すことがおすすめです。

「この人の態度がイライラする。けど、耐えられる

「この人の発言に傷ついた。けど、我慢はできる

この後半の、けど~できるの部分が重要です。

 

「この人の発言に傷ついた!許せない!彼は絶対に謝罪するべきだ!」

このようになってしまうと自分自身の感情が揺らいでしまいます。相手に〇〇するべきだ、○○しなきゃいけない!!!と変えようとすると、かえって自分が苦しくなってしまうのです。

そもそも他人を変えることはできません。

変えることはできないので、自分の心に自然と浮かんでくる言葉を変えていくように意識しましょう。

 

困った人とどう付き合うか考える

では困った人とはどう付き合っていけばいいのでしょうか。

基本は先にも述べたように、自分の感情をコントロールしたあとでより良い方法を考えて対処していくことです。

仕事を辞める、離婚する、人間関係を断つ、などとすぐに状況を変えようとしないで、まずは一歩踏みとどまりましょう。

考えた結果その人との関係を断つという選択をするかもしれませんが、自分の感情をコントロールする前に行動を起こし決断してしまうと、相手を刺激してよけいややこしく問題を複雑にしてしまう可能性もあります。

 

具体的にうまくつきあっていく方法をあげていきます。

  • 困った人のことについて考えイライラするのではなく、自分の感情が悩みを生み出していることを認識する
  • 自分の感情を第一に対処する
  • 怒りの感情を、小さな苛立ち、不満といった激しくない感情に変えていく
  • 困った人も人間であると受け入れる
  • 困った人のものの見方を理解するようにする
  • その場から離れて楽しいと思える活動をする
  • 自分で変えられないことは受け入れていく

繰り返しになってしまいますが、相手を変えようとしても変えることはできません。

自分にとって困った人は困った人、

めんどくさい人はめんどくさい人、

苦手な人は苦手な人なんです。

 

なのでまずは自分の感情にフォーカスしてどうすれば穏やかに過ごせるのか探っていきましょう。

意識して自分の感情に向き合うことによって困った人に引き込まれない強さをもつことができます!

 

まとめ

人付き合いが苦手な人ほど、まわりにいる困った人に振り回されてしまうことがあると思います。

相手をどうにかしよう!と思うのでなく、ぜひ自分に意識を向けて自分自身をコントロールすることにチャレンジしていきましょう。

昔の自分だったらなかなか理解できなかったことかもしれません。

どうしても相手が、相手が・・・!と原因を相手に求めてしまうと苦しむことがあるんですよね。

 

人付き合いを克服するための最善の方法は、自分の感情をよーく知ることです。

なので常に意識して人付き合いをしていきたいなと思いました。

自分のことを知って、人間関係をスムーズに進めていけるようにしたいですね!

-雑学・体験

Copyright© せんろぐ情報 , 2020 All Rights Reserved.