Twitter 嫌いボタン なぜ 

ライフ

Twitterの嫌いボタンはなぜ実装?みんなが考える欲しい機能とは

Twitterが新たに嫌いボタンなる機能を追加しようと模索していることが明らかとなりました。

これに対し、ネット上ではなぜ嫌いボタンなんてつくるの?なんのため?

といった声が多く上がっています。

嫌いボタンではなく別のボタンが欲しいという声も多かったため、

今回はTwitterの嫌いボタンに対する意見とみんなが望む機能についてまとめてみました。

 

Twitter嫌いボタン(dislike)はなぜ追加するの?

最近新しく追加された機能としては、フリート機能というものがありましたよね。

こちらはインスタなどでお馴染みの24時間たったら消えるという投稿です。

今回また新たに模索中だという機能の中に、なんと「嫌いボタン」を追加しようかという案があるそうです。

え、嫌いボタン・・・なんのため??

と疑問ですよね。

 

最前Facebookでも同じように嫌いボタンを導入することを発表していましたが、

いじめや人格否定につながるという反対意見が多く、最終的には感情を表す喜怒哀楽ボタンにかわりました。

今回もそのようにいじめにつながるのでは?と懸念する声が多くあります。

 

そもそもなんのために嫌いボタンを追加するのでしょうか・・・

現状いいねボタンはありますが、それだとネガティブなツイートに対しても「いいね」としか反応できないという問題点があります。

例えば、

「今日は嫌なことがあった」「体調が悪い」

などというツイートに対し、反応できるのはリプでコメントとして反応するか、

いいねを押すしかありません。

気軽に押せるボタンとしては「いいね」は便利ですが、今では「あなたのツイート見ましたよ」みたいな使い方をしている人もいますよね。

 

個人的にはそのような場合に感情を表現できるボタンがあるとうれしいなと思います。

例えば、「お大事に」「心配だ」「ファイト」のような励ましのボタンだったり・・・

 

ここまで細かくするとボタンだらけになり複雑になりそうなので、おそらくはそんな機能は追加されないとは思いますが、

どちらにせよ「嫌いボタン」は、押される側としてはかなり精神的ダメージありますし、

押されなくても他人のツイートに嫌いボタンがたくさん押してあるところなんて見たくないですよね!

 

Twitterの嫌いボタンに対するみんなの声

Twitterの嫌いボタン(dislike)に対するみんなの反応をまとめてみました。

やはり反対の声が多かったです。

特に、嫌いボタんが実装されたら、Twitterをやめるという意見が圧倒的に多かったです。

 

そりゃそうですよね・・・心が痛い・・・

 

 

 

 

 

 

その他には、絵師さんなどTwitterで作品をあげている人たちは

嫌いボタンなんて押されたら2度と作品を投稿できなくなる!という人も。

人からのマイナス評価は当事者ではなくても見るだけで辛いものがありますよね。

 

嫌いボタンの変わりに欲しいボタンとは?

嫌いボタンの変わりに実装してほしいのはどんな機能でしょうか。

これに関しては様々な意見がありました。

 

まず、「わかる」や「見たよ」ボタン。

先ほども述べましたが、あるツイートに対していろんな意味をこめられるボタンがほしいですね。

 

 

 

 

それ以外には、嫌いボタンを押すことによって自動的にその相手をブロックするという機能。

嫌いボタンを押したツイート内容を分析して表示させないというような学習させる機能だとまだいいですよね。

でもそれじゃあブロックやミュート機能で済むじゃん・・・とも思いますが。

 

まとめ

以上、Twitterの嫌いボタンはなぜ追加されるのか?みんなが考える欲しい機能とは!

という題でお伝えしました。

 

多くの反響がある今回の嫌いボタンですが、やはり反対の声が多く実装されるのは見送られるのでは?と個人的には思います。

どちらにせよ利用者がぎすぎすしないような穏やかなSNSになるよう願っています。

 

 

-ライフ

error: Content is protected !!

© 2020 せんろぐ情報