秋月城跡 紅葉 見頃

イベント

秋月城跡の紅葉の見頃は?駐車場や周辺のランチ情報などご紹介!

筑前の小京都「秋月」は、四季を通してとても風情のある城下町です。

その中でも秋の紅葉は、春の桜並木と並びとても美しい光景です。

今回は、秋月城跡の紅葉の見頃や、混雑状況や駐車場について、さらには周辺のランチスポットなど実際に行ってきた様子とともにご紹介します。

秋月城跡の紅葉の見頃はいつ?

秋月城跡の紅葉の見頃は11月下旬から12月上旬です。

県の有形文化財である「黒門」と紅葉のコントラストはとても美しく有名ですが、その他にも「長屋門」や「梅園公園」などいろいろな場所で赤く色づくモミジや黄色の絨毯を作る銀杏の樹が、目を楽しませてくれます。

「杉の馬場通り」にはいくつもの昔ながらの佇まいの露店が並び、路地の湧き水には四季の野菜や果物が冷やしてあったり、歴史を感じながらの散策を楽しめます。

ゆっくり周っても半日も掛からないとても小さな町並みですが、江戸時代の町そのままの姿を遺したような城跡周辺が紅葉に彩られているこの時期にぜひ足を運んでみてください。

この時期には、露店で小さい鉢植えの紅葉が販売されており、購入する観光客も多く見られます。

秋月城跡の紅葉シーズンの混雑状況や駐車場は?

秋月城跡の紅葉時期の混雑状況や駐車場についてお伝えします。

混雑状況

紅葉の時期は大変混みあいます。

ゆっくり堪能したいときは、是非早朝をお勧めします。

また、秋月駐車場までの道はどのコースを通っても、かなり細い道が続きます。

渋滞にはまった場合は抜け道がありませんので、インターを降りる前にトイレなどは済ませたほうが良いでしょう。

駐車場

秋月駐車場(公設) 250台 400円

その他、民間の駐車場が数件あります。

秋月城跡周辺のランチ情報

「杉の馬場通り」には古民家をそのままに味わいのあるお食事処も何件かあります。

シーズン中は屋台も出て賑わいますので、並んででもお店で寛いでのお食事をするか、屋台などで購入したものを途中のベンチなどで頂くのも良いかもしれません。

 

「黒門茶屋」

趣のある建物で郷土名物の川茸を使った定食を味わえます。
またこの地域の名菓の葛餅もこちらのはお薦めです。

営業時間 10:00~16:00
休業日  木曜日(シーズン中は無休)

主なメニュー

川茸定食 1,800円
黒門定食 1,200円
葛餅    450円

 

「古処庵」

垂裕神社から下ったところにある紅葉を眺めながらお食事ができ
できるお店です。

山菜おこわ定食や、こちらの葛餅も美味しいです。

営業時間 11:00~17:00

主なメニュー

山菜おこわ定食 1,300円
葛餅       400円

 

「月の峠」

天然酵母パン屋さんで、遠方からも買いに来る方がいるほどの人気店です。
秋月駐車場を出て右に進んだ先にあります。
特に人気のカレーパン220円を買って、秋月中学校校庭でランチもいいですよ。

 

「廣久葛本舗」

創業190年の老舗の葛餅屋さんです。

自分用にもお土産用にも是非どうぞ。

 

その他

シーズン中だけかもしれませんが、「杉の馬場通り」入口付近で地元のお婆さん達が販売していたお弁当は、素朴ながらとても美味しかったです。

いつも出ているわけでは無いようなのが、残念です。

運良く販売されていたら、是非お試しください。

秋月城跡の紅葉イベントについて

11月に「秋月鎧揃え」が行われます。(日にち未定)

旧秋月黒田藩の年中行事で、軍事演習として行われていたものを今に残す行事です。

鎧を身に着け「眼鏡橋」から「杉の馬場通り」を通り、「秋月城跡」まで武者行列が行われます。

年により日程が変わりますので、あさくら観光協会にお問い合わせ下さい。

TEL0946-24-6758

秋月城跡の紅葉の見どころは?

秋月駐車場から散策順にお薦めをご紹介します。

1:秋月美術館

高取焼を中心とする古窯跡からの出土品などが展示されています。
開園時間 10:00~17:00
入館料  500円

2:秋月博物館

黒田藩ゆかりの品々や秋月氏の歴史などを展示紹介しています。
開園時間 9:30~16:30
入館料  大人320円 小中学生160円
休館日  月曜日

3:久野邸

情緒あふれる茅葺の武家屋敷です。
入ってすぐの座敷から眺める庭園の紅葉は息をのむほど美しいです。
開園時間 10:00~17:00
入館料  300円
休館日  月曜日

4:長屋門

県指定有形文化財 歴史を感じる石段を登りながら紅葉を楽しめます。

 

5:黒門

ここが一番の紅葉の人気スポットです。

赤く色づくモミジと黒門のコントラストはとても美しいです。
県指定有形文化財
元は秋月城の大手門で、その後黒田藩主黒田長興を祀る垂裕神社の参道として改築をされました。

 

6:秋月中学校

昭和初期にタイムスリップしたような木造校舎、そして木々に囲まれた広々とした校庭。
校庭の端でノスタルジックな校舎を眺めながら、お弁当を食べるのも楽しいです。
この学校は現在も地元中学生の学び舎ですので、くれぐれも騒がずに静かに堪能して下さい。

 

7:垂裕神社

黒田長興をお祀りする神社
紅葉に囲まれての参拝で散策の最後を締めくくりです。

 

秋月城跡のその他の周辺スポットや口コミを知りたい方はコチラも合わせてどうぞ→秋月城跡

秋月城跡の場所やアクセス

【住所】

福岡県朝倉郡秋月野鳥

 

【アクセス】

公共機関利用:JR博多駅(鹿児島本線 下り快速)⇒JR基山駅 約35分
甘鉄基山駅(甘木鉄道 下り)⇒甘鉄甘木駅 約25分
甘鉄甘木駅(甘鉄観光バス 秋月線 野鳥行)
⇒博物館前下車 約20分 徒歩8分

自動車利用 :大分道「甘木I.C.」から国道322号経由10㎞ 20分
福岡市内からは約1時間

 

まとめ

以上、秋月城跡の紅葉の見頃や混雑状況・駐車場についてや周辺のランチスポットなども合わせてご紹介しました。

シーズン中は屋台も出てとても賑わうので、楽しい雰囲気かと思います。

とても素敵な場所なので、お出かけの際は一度訪れてみてくださいね。

 

 

-イベント

error: Content is protected !!

© 2021 せんろぐ情報