服 アイロン かけない

雑記

服にはアイロンかけない派必見!シワにならない方法や簡単にシワを伸ばす方法をご紹介

洗濯をした後は、乾いたあとに洗濯物を片づけるのも大変だなと思いがちですが…

シワのついた服にアイロンをかけるのは尚更面倒になりますよね。

普段から服にはアイロンはかけたくないし、かけない派!という方もいると思いますが、そもそもアイロンをかけるかどうか悩まなくても良いぐらい、洗濯時にシワを伸ばせたら良いですよね…

実は、洗濯時や収納時などに、なるべくシワを少なくする方法もあります

私自身も実際に、日頃から行っている方法などもありますので、いくつかご紹介させていただきます。

 

服にアイロンをかけない派が注意したいシワ対策

我が家で実際に、シワがつきにくくなるように実践していることとしては…

  • 洗濯をする際は必ず洗濯ネットに入れて洗う
  • 1つのネットに洗濯物を入れすぎないようにする
  • 柔軟剤は必ず使用する
  • 干すときには可能な限りシワを伸ばす

この4点です!

 

もちろんこれを日々行っていても、服の素材によってはシワがついてしまうことはもちろんあるのですが…

我が家では、洗濯ネットは1度の洗濯で6個前後は必ず使用しています。

 

1つのネットにぎゅうぎゅうに押し込んで入れると、その時点でシワがついてしまいますし場合によっては色移りする可能性も。

ネットにたくさん入れたまま洗濯機で洗っても余計に絡まってシワが酷くなることもるので注意が必要です。

なるべくいくつかのネットに、素材や色ごとにわけて入れることをおすすめします!

 

 

また、洗濯の際には柔軟剤を使用するのも、シワには効果的です。

我が家では現在、娘の洗濯と一緒なので柔軟剤を別で入れることはないのですが、もともとは柔軟剤を必ず使用していたので、必須アイテムだなと感じています。

柔軟剤を入れることで、シワにも効果はあると思いますが、絡まりにくくなる気もしますね。

そして干すときなのですが、これは行っている方も多いと思いますが、両手で洗濯物を挟んで叩くようにシワを伸ばすと良いと思います!

 

洗濯機で洗うと、多少なりともシワは入ってしまうので、乾く前にできる限りシワをなくすための作業としても、こちらは必須ですよね。

我が家で実際に行っているシワ対策以外にも、調べてみるといくつかあるようで…

まずは、洗濯機で洗う前にもシワを伸ばすのが良いのだそうです。

脱いだままの状態で入れると、シワがつきにくくなるとのことでした。

 

また、洗濯機では脱水のタイミングでシワが入りやすくなったり、服が傷む原因にもなるようなので…

脱水時間をなるべく短くするように調整したり、傷みやすそうな素材のものは手洗いをするのが良いですね。

 

その他にも、収納時にもシワがつきにくくなる方法があることを初めてしったのですが、基本的にはタンスなどに収納をするときは、上に重ねていくのではなく、立てて並べていくのが良いようです。

これに関しては、どんな服があるのかすぐに見分けられますし、下の服をとろうとして上の服がぐちゃぐちゃになる…というのが防げてとても良いなと思いました!

 

我が家では、タンスに入れるような服と、クローゼットの中にハンガーにかけて収納をする服で分けているのですが…

ハンガーにかけて保管をする場合は、同じ形状の服が並んでいると、服をだすときなどに服同士が擦れてシワの原因になるそうで、ボトムスとトップスを交互にかけるのが効果的だということも知りました。

 

自分自身は、ボトムスはボトムス、トップスはトップス…と固めてハンガーにかけていたので、これは直さなければいけないなと思いました!

こう考えると、洗濯時や収納時にシワを少なくする方法はたくさんあるのですね。

今現在行っていないものがあれば、実践しやすいものから是非チャレンジしてみてください!

 

アイロンを使いたくない場合はどうやってシワを伸ばすのが効果的?

例えばポリエステルやウールなど、シワがつきにくいと言われるような服はとても魅力的ですが…

だからと言って、すべてその素材の服にするのは困難ですよね。

私自身も、なるべくアイロンはかけたくない派なので、アイロンをかけなくても良いような洗濯方法や収納方法は日頃から気にしているのですが、それでもシワが入ってしまうことはよくあります。

 

我が家で、アイロンを使わずにシワを伸ばしたいときは、浴室にしばらくかけておくことが多いです。

浴室は多湿なので、蒸気などで簡単にシワが伸ばせます!

もちろん、長時間放置するのは湿ってきてよくないので、ほどよく行うのがおすすめです。

その他、衣類スチーマーを使用することもあります。

 

ただ、ものによっては衣類スチーマーを使用すると溶けないかとか、プリントがあるものだと尚更気になったりもするので、そこまで使用頻度は高くないかもしれません。

これ以外の方法であれば、シワ取りスプレーを使用してみたり、水やリネンウォーターを吹きかけてから軽くドライヤーを当てるという方法もあるようです!

このあたりは実際に行ったことはないのですが、効果はありそうですよね。

洗濯時同様、気になるシワ伸ばし方法がある方は、是非こちらも試してみてくださいね。

まとめ

洗濯は、洗濯機をまわしてから干して…となると、以外と所要時間がかかりやすい家事です。

そのため洗濯物のシワ伸ばしには、尚更時間はかけたくないですし、楽にシワ伸ばしができる方法なら試したいですよね!

それぞれのご家庭で実際に行っている方法もあると思いますが、あまり無理せずライフスタイルにあった方法なら取り入れやすいかもしれません。

いろいろと試してみながら、家庭環境にあったものを是非続けてみてくださいね!

-雑記

error: Content is protected !!

© 2021 せんろぐ情報